ビジネスシーンで使えるチェックスーツ

WORKS
2020.03.18

 

一般的に、「カジュアルなイメージがあるからビジネスではNG」だと言われがちなチェックスーツ。

しかし、一概にそうとも言えないのが、スーツの面白いところ。

チェック柄は無地やストライプに比べて柔らかな印象になるので、「ビジネスでも着たい!」と思ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 

今回のブログではお客様のオーダーされたスーツをご紹介しつつ、チェック柄の着こなしについて考えていきます!

 

 

今回ご注文いただいたのは、落ち着いたトーンの茄子紺系のチェック地。

少しくすみがかった色合いで、ダークなバーガンディ系のラインが重なっています。

 

スーツの生地のサンプル

 

チェックのパネル(大きさ)は、縦横に約7.5㎝ほど。

バンチブックの生地サンプルで見ると少々派手に見えるかもしれませんが…。

 

実際にスーツとして出来上がってくると、この通り!↓↓

 

銀座テーラークロトのオーダースーツ

 

柄の主張は控えめで、カジュアルな印象も受けません。

ビジネスシーンでも問題なく、活躍すること間違いなしの一着です。

納品の際にお客様からも「思ったよりチェックが目立たなくて着やすい!」と喜びのお声をいただきました。

 

スーツとネクタイのコーディネート

 

同系配色のネクタイと合わせるとコーディネートもまとまりますね。

 

 

さて、ここからは出来上がったスーツの仕様などをご紹介していきます。

 

スーツの袖口

 

袖口は本切羽仕様で、ボタンの開閉ができるように。

本物志向のお客様方に人気のオプションです!

 

 

スーツのパンツ

 

 

スーツのパンツ

 

パンツは、ベルトループと共にサイドに尾錠(バックル)を付け、ベルト無しでもウェスト調整ができるような仕様にしました。

 

オーダーのパンツはウェストサイズを一人一人に合わせてお仕立てするので、ベルト無しでも着用していただけます。

ループを全てなくして尾錠のみにすることももちろんOKです!

 

 

パンツの裾部分

 

パンツの裾は折り返しを付けたダブル仕様。

細かい部分ですが、シンプルなスーツにデザインアクセントが加わります。

 

 

銀座テーラークロトのオーダースーツ

 

 

今回のスーツで使ったブランドは“DORMEUIL(ドーメル)”の《AMADEUS 365》。

美しいドレープと光沢のある風合が特徴的なファブリックで、生地感からしてエレガントなものでした。

 

遠目では無地だと思えるほどの控えめさがありながら、近づくと見えてくるチェック柄となめらかな風合いがさりげない色気を放つ一着に仕立てあがりました。

 

 

 

このように、柄のピッチや色合い、生地の質感によって、チェックの持つイメージはガラッと変わってきます。

「ビジネススーツだからチェックはちょっと…」という思い込みを覆す生地は意外と多く在るのです!

 

 

例えば、こんな↓↓生地たち。

 

チェック柄の生地

 

やはり主張しすぎない色柄になりますね。

特にグレーや濃紺系はビジネスの定番なので使いやすいと思います!

 

 

逆に、この辺り↓↓の生地たちは使いにくいかもしれません。

 

チェック柄の生地

 

派手な色やクッキリとした柄はどうしてもカジュアルなイメージをもたらせますので、堅実さが求められる職種やシーンには向かないかと思われます。

ただし、個性を存分に発揮したい時やインパクトが求められるシーン、カジュアルなセットアップとして着るにはぴったりのチェックです!

 

 

スーツは、それを着ている人そのものの象徴となり、「どんなスーツを着ているか」で「どんな人なのか」を判断されることもあります。

シーンに合わせつつ、自分の個性も織り入れたスーツを着こなすのが、紳士のたしなみだと言えるでしょう。

 

 

オーダーの際はぜひご相談くださいませ!

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――

Ginza Tailor CLOTHO(銀座テーラークロト)

〒104-0061

東京都中央区銀座5-5-16 銀座テーラービルディング4F

TEL 03-6264-5592 MAIL clotho@gintei.com

営業時間 11:00~20:00 (火曜定休) ←2019/10より営業時間が変更になりました