春夏のジャケットにおすすめ!生地と素材を徹底ガイド

NEWS
2022.05.16

春夏におすすめのジャケット生地を素材と種類ごとに解説。生地の特徴からおすすめの着用シーン、コーディネートなどなど掘り下げていきます。

同じ色でも素地や織り方の違いで、見た目の印象も変わってくるもの。シーンやイメージに合わせてベストなジャケットをオーダーできるよう、ぜひ参考にしてみてください。

 


 



▷ウール

「ウール」と聞くとどうしても暖かいイメージで、春夏には向かないのでは?なんて思われがちですが…糸のつくりや織り方によって秋冬物や通年物の生地とは異なる、涼しくて夏でも着やすい生地になります。

薄手でスーツと同じ質感の生地はジャケットでもフォーマルな印象になりやすく、オフィススタイルに最適。ネクタイとのコーディネートやジャケット&ベストスタイルでビシッと決めるのもおすすめです。

 

  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット

・トロピカル

細めの糸で平織り(経糸と緯糸を交互に交差させる織り方)にした、夏物スーツ・ジャケット定番の梳毛生地。サラッとした肌触りが心地良く、薄くて軽いサマージャケットになります。

わりとはっきりしたチェック柄などでもジャケット単体なら着やすく、生地の風合いからかしこまった印象を与えるのでビジネスシーンやオフィスカジュアルに幅広く使えます。

 

  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット

・フレスコ

2本以上の強撚糸をさらに撚り合わせて1本の織り糸を作り、平織りにした生地。「強撚糸」とは通常の糸より強く多く撚りをかけた糸のことで、通気性が高く弾力に優れてシワになりにくい特徴があります。「ポーラ」とも呼ばれています。

よく「PLY(プライ)」という単位を使って2PLY、3PLY、4PY、6PLY…などと表されますが、これは1本に撚り合わさっている糸の本数のこと。2PLYなら2本、4PLYなら4本使用した生地という意味になります。

 

ざっくりとした粗目の織りで、普通のトロピカル生地よりも生地の風合いが増したウールジャケットに仕上がります。色柄のバリエーションとしては、織りをダイレクトに感じられる無地や太い糸を活かした大きめのチェック系が多く見られます。

 

  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット


▷モヘア

アンゴラ山羊の毛を使った素材「モヘア」の生地。多くの場合、ウールと混紡されています。ウールよりも保温効果が薄く熱がこもりにくいので、夏物のスーツやジャケット生地として使用されています。

縮れの少ない繊維なので糸自体の光沢が強く、平織り地でもツヤがありフォーマルな印象に繋がります。

 

ウールと同様にビジネスシーンで使いやすく、色柄もベーシックなものやダークトーンのものが多めです。特に無地はモヘアの光沢がよくあらわれていて、ラグジュアリーな雰囲気になります。

タイドアップコーディネートもよく合うドレッシーな生地なので、堅い職業の方のジャケパンスタイルにもおすすめの生地です。

 

  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット


▷コットン

コットン素材の生地はナチュラルな風合いでウールよりもカジュアル寄り。

発色が良く、ウール系の生地にはなかなか無い鮮やかなカラーや絶妙な色合いの生地が多く揃っています。織り方のバリエーションによって着心地や見た目の印象もガラッと変わるので、イメージや着用シーンに合わせた生地セレクトが重要になってきます。

タイドアップするならニットタイやウール・リネン混など、ツヤが少なく素材感のあるネクタイがおすすめです。

 

  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット

・コットンツイル

コットン素材の綾織り生地を総称して「コットンツイル」と呼びます。チノパンやトレンチコートの生地などもコットンツイルの一種になります。

密度の高い織りで、ウールに比べて肉厚で重みがあるのが特徴。ただし、ハリは強すぎずしなやかな質感。肌触りもなめらかで心地良い風合いを感じられます。

着心地に不安のある方は、多少重くても動きやすく着やすいストレッチ素材入りのコットンツイルをご提案します。

 

コットンの素材感を活かしつつエレガントな要素も感じられるので、オフィススタイルにも合わせやすいジャケットに仕上がります。定番のネイビーはもちろん、ベージュ系やカーキ系もナチュラルに落ち着いた印象になるのでおすすめです。

 

  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット

・シアサッカー

経糸に張りの強い糸と弱い糸を一定間隔で交互に織り上げることで、波のような凹凸のシワ(シボ)を出した生地。

肌への接地面が少ないので清涼感があり、夏でも涼しく着られます。ツイルよりも薄いので着心地は軽く、サッと気軽に羽織れるジャケットになります。

 

細かいストライプやギンガムチェックの柄バリエーションが多め。特徴的なシワ感がコーディネートを爽やかに演出してくれます。

Tシャツ&ハーフパンツと合わせて夏らしさ全開のカジュアルスタイルはもちろん、ニットタイなど素材感のあるネクタイでタイドアップするとヌケ感のあるオフィススタイルに。意外と万能なコーディネートを楽しめる生地でもあるのです。

 

  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット

・デニム

カジュアルの定番生地、デニム。

テーラードのジャケットには一般的なジーンズの生地より薄くて柔らかい「ライトオンスデニム」を使用することで、カジュアルだけじゃない、ドレッシーな雰囲気を出すことができます。

 

色によって受ける印象も様々。ブルーやネイビーなら爽やかでデニムらしいイメージが強く、ブラック系ならシックで落ち着いたジャケットになります。

かっちりしすぎないので、春夏のディナーデートなどのシーンにもおすすめです。

 

  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット


▷リネン

麻素材ならではのハリとクタ感、スジやネップの入った風合いが特徴的で、コットンよりもカジュアルな印象の強い生地です。

通気性に優れ、肌触りもひんやりとして清涼感たっぷり。高級ディナーやパーティシーンなど、暑い日でもジャケットを着てきちんと見せたい、そんなシーンにおすすめです。

ハリのある生地でも着用を重ねるたびにだんだんと身体に馴染み、風合いも増していきます。「シワになるから…」と敬遠されがちな素材ではありますが、増えていくシワも味として楽しめるポイントなのです。

 

色柄としては無地のバリエーションが多め。アイボリーやベージュなどはリネンらしい風合いを楽しめる爽やかなジャケットになります。

 

 

  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット

・アイリッシュリネン

アイルランド産の麻から作られた生地、アイリッシュリネン。一般的なリネン素材よりも繊維が細く光沢があり、ハリがあるのが特徴の高級リネンです。

ビジネスシーンでリネンジャケットやリネンスーツを着たい方には断然アイリッシュリネンのヘビーウェイトの生地がおすすめ。生地自体がしっかりしているのでジャケットになった時とても仕立て映えするのです。

細かいシワになりにくく、リネンでもきちんとした印象をつくることができます。

 

とはいえ通気性はばっちりなので夏でも着心地は良く、リネンのメリットを最大限に活かしデメリットを最小限に抑えたジャケットに仕上がります。

無地やヘリンボーンなどビジネス使いしやすい色柄も揃っているので、夏のオフィスカジュアルにおすすめです。

 

  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット


▷混紡生地

ウール、シルク、リネンなど複数の繊維を混ぜて紡ぎ合わせた糸を織り上げた生地。

様々な素材が組み合わさることで、それぞれの長所が活かされ、複雑で独特な風合いや素材感を出すことができます。

ウールの梳毛に近いサラッとした生地や、ざっくりとした素材感たっぷりの生地など…そのバリエーションは多種多様。

二者混(2種類の素材を混紡)、三者混(3種類の混紡)、四者混(4種類の混紡)など、組み合わせる素材の数やその配分、織り方によって仕上がる生地の質感も変化するのです。

 

華やかなチェック柄や素材感たっぷりの無地など、コーディネートのメインになるカジュアル向きの生地が多め。オフィスカジュアルのジャケットとしても着ていただけます。

素材の組み合わせや風合い、色柄などなど種類が多いので、オーダーの際はイメージやシーンのご要望に合わせてご提案します。ベストな一着をぜひ見つけてみてください。

 

  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット


▷春夏のジャケットギャラリー

今までにオーダーいただいた春夏物ジャケットをご紹介。

生地と共に、オーダーのイメージ参考としてご覧ください。

 

  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット
  • Ginza Tailor CLOTHOのオーダージャケット

Ginza Tailor CLOTHO(銀座テーラークロト)

価格:スーツ¥77,000~

   ジャケット¥49,500~

   ベスト¥38,500~

   パンツ¥33,000~

表地:約10,000種類

納期:ご注文から約4週間~

 

〒104-0061

東京都中央区銀座5-5-16 銀座テーラービルディング4F

TEL 03-6264-5592 MAIL clotho@gintei.com

ONLINE SHOP https://ginzatailorshop.com/