色のトーンと周囲とのバランスで変わるオーダースーツの印象とは

NEWS
2020.05.16

大前提として初対面の方とお会いした際、第一印象はどこで判断しますか?

体格ですか?顔つきですか?

 

これは体験談ですが、掛かりつけのお医者さんを街中で見かけた時、どこかで見たことがある、どこかで話したことがあると感じたものの、その時には思い出すことができませんでした。

時間が経ってから思い出しましたが、私の中での彼の印象は白衣姿。

街中で見かけたときには、カジュアルな服装だったので印象が異なって見えたのです。

 

これは、見覚えのある方の場合ですが、やはり人を判断するときには体格や顔つきと一緒に服装やその服装の色も合わせて印象として認識しているのでしょう。

 

ここで、実験の為スーツを2着オーダーしてみました!

同じコンポジション(織り・混率)でカラートーンが異なる生地で同じ寸法と仕様のスーツをオーダー。

 

2色のスーツの比較画像

 

通気性に優れた春夏のブリティッシュファブリックです。

平織りの春夏らしいマットな発色でミディアムグレーとグレーをチョイス。

 

2色のスーツの比較

 

向かって左ミディアムグレーのオーダースーツは中間的なカラートーンの為、落ち着いた雰囲気に。

 

オーダースーツを着た男性

 

中間的なカラートーンとはいえ、丸の内などのビル街やビジネス街といった建物が周囲を取り囲む街並はモノトーンな景色が多いのでスーツは比較的濃いカラーに映り、堅実・貫禄といった実年齢よりやや年上に見えるような色合いになります。

 

周囲とコーディネートのコントラストが控えめな場合、よく言えば落ち着いていて誠実な印象、悪く言えば野暮ったく、老けて見えるといった感じでしょうか。

 

オーダースーツを着た男性

 

対して、グレーのオーダースーツはライトグレーに近いようなカラートーンの為、親しみやすい雰囲気に。

空、太陽、街といった周囲の色合いともコントラストがあり

フットワークも軽そうな仕事もバリバリこなすスマートな印象になります。

 

スーツや小物のカラーコーディネートも大切ですが、

どんな場所で、どんなシチュエーションで着るのか、周囲とのバランスもコーディネートの1つとして意識すると、より好印象な見た目を作ることができるのではないでしょうか。

 

とはいえ、比較しているミディアムグレーを否定しているのではありません。

 

時と場合によっては、コントラストを抑えることで落ち着いた印象に、顔を覚えてもらうためにスーツの色味を抑えることもビジネスを成功させるポイントの1つです。

 

特に、現在はネオンカラーなどがトレンドです。

街でも看板やネオン管など、目を引き付けるための工夫を凝らしたものが多くある為、色が散乱している中ではチャコールグレーなどがより際立ちます。

故に、最近ではブラックカラーを着ている人も多く、トレンドの1つになっているのかもしれません。

 

オンラインショップが主流となり、世界各国の物を入手することができますが、洋服に関しては誰しも失敗経験があるのではないでしょうか?

サイズ感の問題ではなく、『モデルが来ていた雰囲気が出ない』『なんか違った』そんな違和感はありませんか?

モデルだからではなく、それこそが周囲とのバランスという訳です。

 

イタリアと日本では建造物の色、さらには空や日差しが異なり、周囲とのバランス差が大きいために違和感が生じてしまうのでしょう。

 

2色のスーツの比較画像

 

話はコーディネートに戻ります。

ネクタイなどを使ってコントラストを高めることで見た目は様々に変化します。

ネクタイは、コントラストを変化させる最良なアイテムと言えるでしょう。

 

是非、コーディネートの参考にしてみてください。

 

2色のスーツの比較画像

 

因みに、今回使用した生地は通気性に優れ着用していてシワになりにくく感じます。

日常的に着用し、ハードワークにも向くアクティブなビジネスマンにオススメです。

 

2色のスーツの比較画像

 

さらに、パンツは「シロセット加工」を施しました。

パンツのクリース(プリーツ)ラインを半永久的に形状記憶させる加工です。

 

無加工のパンツは着用によって折目(プリーツ)のシャープな印象が損なわれたり、雨や汗などで水分を含みウール繊維が膨張し、クリースが無くなってしまいます。

 

このシロセット加工では、雨や汗などで繊維が膨張しても、乾けばクリース(プリーツ)ラインが戻ります。

梅雨時期や夏場などには重宝する加工です。

これからの時期、こちらも春夏のスーツにはおススメしたい1つです。

是非。

 

オーダースーツを着た男性

 

 

オーダースーツを着た男性

 

スタッフ着用スーツ

INNES CHAMBERS-L.GRY ¥185,000+TAX

※本国直接買付け特別プライス~2着限定~ ¥100,000+TAX

※カラー違い L.GRY/D.NVY あり

 

INNES CHAMBERS-D.GRY ¥185,000+TAX

※本国直接買付け特別プライス~4着限定~ ¥100,000+TAX

※カラー違い L.DRY/D.NVY あり

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――

Ginza Tailor CLOTHO(銀座テーラークロト)

〒104-0061

東京都中央区銀座5-5-16 銀座テーラービルディング4F

TEL 03-6264-5592 MAIL clotho@gintei.com

営業時間 11:00~20:00 (火曜定休) ←2019/10より営業時間が変更になりました