フェア―開催中!DORMEUIL AMADEUSシリーズのすべて②

NEWS
2020.02.08

 

DORMEUIL(ドーメル)社 Collaboration Fairが開催中です!

只今フェア―対象のバンチについての紹介コラムを連載中!ぜひお楽しみくださいませ。

 

 

第1章:徹底比較!AMADEUSシリーズのすべて

 

 

DORMEUIL(ドーメル)を代表するコレクション、AMADEUS(アマデウス)。

前回はシリーズの核である代表的バンチ≪AMADEUS≫をご紹介しました。

第2話となる今回は≪AMADEUS 365≫をご紹介。比べてどんな違いがあるのでしょうか?

 

まず気になるのが、末尾についた「365」という数字ですよね。

これが何を意味しているのか…生地を見ていくと、なるほど!となるはずです。

 

 

第1章 2話 ~AMADEUS 365~

 

スーツの生地のサンプル

 

原毛はSuper100’s、目付260gで織られています。

 

と、ここで一つ、≪AMADEUS≫との違いを発見しました!

≪AMADEUS≫は目付310g。

だいぶ軽くなっていることが分かります。

 

ちなみに…「目付」とは用尺1mあたりの重さのこと。

一般的に、目付の数字が大きくなるほど重く分厚い生地になってきます。

そして、Super○○’sとは糸に使用する原毛の細さのこと。

数字が大きくなるほど細い原毛を表しています。(原毛=糸になる前の繊維)

 

スーツの生地のサンプル

 

ただ、いくら数字で示されてもその差は実感しづらいですよね。

 

実際に触ってみると…なるほど、全然違います!

なめらかなタッチにサラサラ感が加わり、スッキリした印象があります。

≪AMADEUS≫で感じた暖かみや肉感は幾分抑えられ、比較的爽やかな風合いに感じました。

 

スーツの生地のサンプル

 

しかし織り自体は粗いということはなく、透け感もほとんどありません。

緯糸を細くすることで、密な織りとしっかりとした耐久性はそのままに、より軽くしたつくりのようです。

 

 

ここで頭に浮ぶのが、あの謎の数字「365」。

「365」とは一年の日数を表す数字です。

 

…つまり!!

≪AMADEUS 365≫とは、オールシーズンで着用するための生地だったのです!!

春夏に着るには少々重みが過ぎる印象の≪AMADEUS≫に比べて≪AMADEUS 365≫は、どんなシーズンでもサッと着られる使いやすさがあるのです。

 

スーツの生地のサンプル

 

 

それではデザインも見ていきましょう。

オールシーズンスーツ用ともあり、明るめの配色が頻繁に見られます。

カラフルでパッと目を引くポップなものもちらほら。

 

生地が軽くなっても艶やかな光沢は健在。奥深い色気を感じます。

 

個人的ピックアップはこちら!↓↓

 

スーツの生地のサンプル

 

ネイビーとライトグレーの糸を細かく織り込んだタータンチェック地です。

全体的にくすんだブルー系に見えて、華やかな中にも渋さを感じます。

 

このような明るめの生地は「春夏用!」と限定しがちですが…ダークトーンのコートから綺麗な色のスーツが覗くとパッと華やぎ、コーディネートとしてはとてもオススメなのです!

こちらの生地も春から冬まで、オールシーズンで活躍できますよ!

などと、堂々と宣言してしまいましたが、生地感的に真冬には少し寒いかもしれません…。

 

 

では最後に、DORMEUIL(ドーメル)社 ≪AMADEUS 365≫バンチについておさらいしましょう。

 

≪AMADEU≫の魅力を引き継ぎつつ、軽くて着やすい、一年を通して活躍できるファブリックが揃っています。

コントラストの強い配色もいくつか見られたので、個性的なスーツを持っておきたい!という方にもおすすめしたいバンチブックでした。

 

 

さて、次回はAMADEU(アマデウス)シリーズの最後、≪TROPICAL AMADEUS≫を掘り下げます!

トロピカルというとリゾートチックなのでしょうか?気になりますね…お楽しみに!

 

 

―――――――――――――――――――――――――

Ginza Tailor CLOTHO(銀座テーラークロト)

〒104-0061

東京都中央区銀座5-5-16 銀座テーラービルディング4F

TEL 03-6264-5592 MAIL clotho@gintei.com

営業時間 11:00~20:00 (火曜定休) ←2019/10より営業時間が変更になりました