2019 Autumn&Winter New arrival 【ABITO】

NEWS
2019.09.08
ABITO

 

Ginza Tailor CLOTHOのお送りする秋/冬のNEWバンチブック紹介はまだまだ続きます。

今回は生地業者の選んだファブリックコレクションである“ABITO”をご紹介いたします。一流の目利きにより厳選されたファブリックで素材の種類も多いので、きっとお好みの1着が見つかるかと思います。

 

WP

 

こちらはウール60%にポリエステルが40%含まれた生地です。ウール100%に比べてザラっとした手触りが特徴です。

化学繊維であるポリエステルを混紡することで価格を抑えており、まずは試しにという方でもお手軽にオーダースーツをお作りいただけます。ビジネス向きの色柄が多く揃っておりますので、外回りの営業の方など、スーツの劣化が早い方には特にオススメの素材です。

 

W100

 

こちらの生地はウール100%になっております。

まず、スーツに最も適する素材はウールと言われています。天然繊維であるウールは保湿性・吸湿性が高いため、温度調節に優れており、着心地や体へのフィット感が他の素材とは全く異なっています。

また、良質なウールであればシワの回復力も高く、ひどくないシワであればハンガーに掛けておくだけで元の形へ復元します。

また、同じウール100%ですが、Super100’sを使用したものもございます。Super~’sとは原毛の細さを表しており、数字が大きいほど柔らかく、繊細で艶のある生地が完成します。通常、Super80~100’s程が日常使いに適していると言われており、こちらのコレクションであれば、様々なシチュエーションに適したオーダースーツをお作りいただけるかと思います。

 

p100

 

一風変わってポリエステル100%の生地をご紹介いたします。

ポリエステルを綾織りで仕上げているこちらのコレクション。ストレッチが効いており、速乾性が高いので、出張の多いビジネスマンにとっては重宝する1着になります。独特の手触りと光沢があり、秋冬らしい暖かみのある色味が取り揃っております。

 

フランネル

 

こちらは季節感のあるフランネル地。柔らかな手触りと暖かみのある表情が特徴です。

トレンドでもあるブラウンを取り入れた生地が多く、これからの時期に備えてぜひお仕立ていただきたいコレクションになっております。

 

ソラーノ

 

最後にご紹介するのはソラーロと呼ばれる不思議な生地。光の当たり方によって表情を変え、玉虫色に輝きます。周囲と被らない1着を求める方にはぜひオススメです!

 

 

信頼される目で選び抜かれたコレクション“ABITO”。

ぜひ店頭で手に取ってご覧いただければと思います。

お気軽にご来店下さい。